センターホームの家づくり

建築における光や熱・空気・音の物理 環境に目を向けた家

2011年を振り返る。 震災、計画停電、台風災害、異常気象と次々に起こる経験した事がない出来事。 家づくりを真剣に見直す時期が来ていると感じます。 省エネ、節電、断熱性についてクライアントからよく聞かれます。 太陽光発電システム、深夜電力による蓄熱暖房器、再生可能エネルギー等、今後益々 必要となることでしょう。 勿論それはとても大切な事で、当社でも標準仕様にてLow−Eの複層ガラス、 1・2Fシャッター、断熱玄関ドア、省エネ等級4の断熱材等、外部環境に影響されずら いような外部設備、また断熱保温浴槽、LED照明、食器洗い乾燥機等省エネを期待す るための内部設備にも力をいれています。 ただ、その前にもっと大切な事があると思っています。

『家の作りやうは、夏をむねとすべし』というフレーズで有名な吉田兼好の「徒然草」で気候風土を考慮した住まいのあり方が述べられているようにセンターホームの家づくりはまず、冷房よりも自然の風、暖房よりも陽射しの温もりを意識したパッシブな設計が基本です。
パッシブな設計とは機械に頼り、エネルギーを生むのではなく、自然エネルギーを最大限に利用出来るように設計上工夫し、夏は通風により涼をとり体感温度を下げ、冬は自然光ならではの心地よさを感じられる『人と環境に優しい設計』です。

南側に部屋を並べる事だけを考え、熱風が渦巻くような部屋を作っては、クーラーに頼らざるを得ません。

クーラーをつけない=室外機をまわさない。こんな身近な環境を整えていくことこそが、地球環境への配慮の第一歩につながるのです。

プラン作りは平面上の2Dパズルではありません。
建築基準法はさておき、ライフスタイルや個々の内部環境、隣接した住宅とのつながりの周辺環境、また目に見えない空気環境等をどう要望されている空間3Dに結び付けていくか、環境を整えさまざまな可能性を考え合わせながら、クライアントに心地よい家の提案をこれからもしていきたいと思います。

自然の恵みを受けながら、五感が目覚め、心地よい暮らしがはじまり、穏やかに暮らして欲しいと願っています。

掲載させていただいている建物は坪数・設備にもよりますが一世帯住宅では1,300万円〜1,800万円です。

ご参考までにご検討ください。

2011.10.01